ピックアップトラックとは

日本にはないアメリカだけにある自動車文化というのがピックアップトラックです。
ピックアップトラックの語源は、農場での作業や荷物の集荷作業などで荷物をオープンの荷台に放り込んで荷物をピックアップしたということからピックアップに適したトラック=ピックアップトラックというようになったといわれています。

アメリカではほとんどの州で小型トラックの税金が安かったり、無税であったりしたために農業や酪農などを営む家庭の若者が税金対策にひかれて購入し始め、それを乗用車的に乗りこなすということろから始まったのです。
戦後の軽自動車や最近のハイブリッドカーと同じような理由で発展したものなのです。
形状的には日本でいうところの普通自動車免許で乗れるサイズで平台をもつトラックということになります。
日本にはよくあるボンネットのないキャブオーバー型の小型トラックも本来はピックアップトラックといえるものなのですが、本家アメリカにはキャブオーバー型のピックアップトラックがないためにボンネットのある平台の小型トラックというのが一般的な解釈となります。
日本では現在のところボンネット付きの小型トラックの生産は一切されておらず、ピックアップがない状態となっていますが、こういった状態になるのには、日本の自動車メーカーがピックアップトラックとなりうる小型トラックを単なる商用トラックとしてしか見ていないということや消費者側も仕事用の車という目でしか見ていないということが理由となっているのです。
日本人として見ればどうして好んで商用トラックに乗りたがるのか分からないということなのです。

Posted in ネット.