ボディ剛性の無さを証明するもの

新しく発売された車をオプションや準純正品ともいえるメーカー付きのチューニングメーカーが発売するパーツから良し悪しを判断することができる場合があります。
オプションやそういったチューニングメーカーから発売されるパーツというのは標準の状態で不満がでそうなところ、コスト面でどうしてもできなかったことを補完する意味で出されるものが多く、そのパーツを見ればこの車のどこが悪いのか、どこの部分に欠点を持っているかがわかるのです。
例えば、トヨタから久しぶりに発売されたスポーツモデルの86を見てみると、スバルとの共同開発といってもトヨタ車特有のボディ剛性の弱さが懸念されるのですが、しっかりとそれを補完するパーツがTRDというトヨタのモータースポーツ部門から発売されているのです。
ストラットタワーバーやメンバーブレースなどはどの車にもあるので仕方がないにしても、ちょっと気になるのがドアスタビライザーというパーツ、このパーツはクラウンなどトヨタの多くの車に設定されているパーツなのですが、これは要するにドアの開閉部にあるドアストライカーの部分に樹脂パーツを挟んでドアを閉めた時に隙間を塞いで、ボディ剛性を高めようとするものなのですが、合理的といえば合理的、論理的といえば論理的といえるパーツです。


しかし、これが例えばコンパクトカーやクラウンなどある程度のボディ剛性があればいい車のせってされているというのであればわからなくもないのですが、最初からスポーツモデルとして作られた車でこういった小細工しなければスポーツモデルとしての剛性感を保てないというのはまさにトヨタのフニャフニャボディならではパーツだと思います。
本来であればこういったパーツに頼らなくてもスポーツモデルとして作られているのであれば、標準状態でしっかりとしていなければならないと思うのです。
このパーツは86発売とほぼ同時に発売されているので、よほど懸念される部分なのだと思います。
改造車買取

Posted in 日常.