トータルで考えるなら人身傷害

自動車保険というと相手の怪我や命に関する補償をしてくれる対人賠償保険、相手の物的損害を補償してくれる対物賠償保険ばかりが目立ちますが、自分の補償をしてくれるものも忘れてはいけません。

自分側の補償なると人間には搭乗者傷害保険、車には車両保険という事になり、搭乗損害保険は対人・対物保険とセットになっていることが多く、何も考えずに搭乗損害保険に加入している方も多いと思います。

しかし、搭乗損害保険は契約した車に乗っているときだけの補償ですので、車から一歩離れると全くの無防備となってしまうのです。

最近では自転車による事故が取沙汰されていますが、そういった自動車から離れた時のことを考えるのであれば、搭乗損害保険より人身傷害補償保険に加入したほうがいいでしょう。

人身傷害補償保険は、その名の通り人身傷害に対する保険で、契約している車に乗っていなければならないという条件がありません。

要するに歩いていようが自転車に乗っていようがいつでも補償されるという事なのです。

生命保険ほどの補償能力はありませんが、いつ何時事故に巻き込まれるかわからないこの時勢、搭乗者損害保険のバージョンアップ版として捉えて、加入してみてはいかがでしょうか。

Posted in ネット.